<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

土曜日にお昼ご飯を食べに、丸の内オアゾに行ってきたのですが、エスカレーターから目に入ってきた『JAXA i』についつい立ち寄ってしまいました。

JAXA:Japan Aerospace Exploration Agency
     宇宙航空研究開発機構
JAXA i:JAXAの一般向け展示・広報ブース
丸の内オアゾは開業から1周年だそうですが、僕が勤務する会社の本社機能が入っているにもかかわらず、今回が初オアゾです。


b0016922_044276.jpg元・理系で、子供の頃からテクノロジーへの興味が強かったので、ちょうど日経でJAXAの人工衛星(探査機)『はやぶさ』のニュースが報道されたばかりだったこともあり、こういう施設を見るとどうしても見ずにはいられません。

右の写真は、H-2Aロケットの2段目のエンジンとノズルです。
実際に燃焼試験に使われた実物です。
制作を担当したのは三菱重工で、品川駅港南口のグランパサージュにある三菱重工のロビーには、H-2ロケットの、おそらく一段目と思われるエンジンが展示してあります。


プロジェクトXでも取り上げられたことがあったと思いますが、これは日本の技術と努力の結晶なんですね。

ちょうど人工衛星(探査機)『はやぶさ』がニュースになっていたのですが、それを取り上げたサイトの解説が見事でしたので、以下全文引用します(強調は引用者による)。

ご参考まで。

■2005/10/28 (金) 08:48:06 探査機「はやぶさ」、2007年地球帰還へ

本日朝刊42面【社会】

宇宙航空研究開発機構は27日、地球と火星の間の軌道を回る小惑星「イトカワ」の砂を持ち帰るため打ち上げた探査機「はやぶさ」による試料採取を11月12日に実施すると発表した。姿勢制御装置の不具合を克服する方法を見つけたため予定通り回収作業に挑む。2007年6月ごろ地球に帰還する予定。

記事中で不具合をおこした「姿勢制御装置」というのは、リアクションホイールと呼ばれる一種のはずみ車(フライホイール)のことです。
フライホイールを高速で回転させるとジャイロ効果によりトルクが発生しますが、その反作用を利用して衛星の姿勢を制御しようという装置で、X、Y、Zの三軸それぞれに付けられています。
この装置があれば、化学剤を燃焼させるスラストを使わず電力だけで姿勢をコントロールできるため、衛星の重量を軽減できるというメリットがあります。
この三軸のうち二軸までのリアクションホールがアウトになったという話でして、それをスラストで補完しても地球帰還まで持つだけの目処が立ったようです。

これが有人機ならば、月への途上で爆発事故を起こしたアポロ13号を救った管制チームのような働きと称賛されるのでしょうが、どうも無人機というと日本のマスコミの知見が浅いせいか喰い付きが悪いようです。
しかし、この「はやぶさ」というのは画期的な探査機で、小惑星にタッチダウンしてサンプルを採取し、それを地球まで持ち帰る意欲的なミッションを担っているのです。
技術的にも搭載メインエンジンに従来の化学剤燃焼型ではなく、高電圧放電によるイオンエンジンを採用したり、一連のミッションに必要なリモートコントロールなどこれからの宇宙開発にとって重要な技術を試みています。
中国の有人機「神舟」は、60年代の枯れた技術を使っているわけですし、制御には人間が直接介在できるので、人命のリスクさえ気にしなければそれ程難しいことをやってるわけではありません。
むしろ、有人機で到達できる距離に限りがある以上、これからも太陽系や深宇宙の探査は無人機が主流であり続けるのですね。

中国に負けているとか、とかく派手な方にメディアの目を奪われがちですが、こういった取り組みにももっと注目すべき
じゃないかと思うのです。

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-31 01:07 | Others

さて、買ったばかりのCyber-shot DSC-T7ですが、早速使ってみます。

幸いウチには被写体にちょうどいい百蔵がいるので、彼をモデルに何枚か撮ってみました。

b0016922_034829.jpg

b0016922_045878.jpg


携帯で撮ってた写真はこんな(↓)感じです。
b0016922_081389.jpg



b0016922_0172920.jpgあまりよく違いがわかりませんが、デジカメで撮った写真は、ちゃんとピントがあってて綺麗に(相対的に)撮れているように思います(ブログにアップしてた写真は、今までこれで撮ってました→)。


あとは、やっぱり夜の撮影ですね。
携帯の申し訳ない程度のフラッシュ光量では、夜景を撮るにはまだいいのですが、人やものをちゃんと撮ろうと思うと、やっぱりちゃんとしたフラッシュは不可欠だと思います。


で、その強力なフラッシュで、草むらの中をチェック中のモモゾーが撮れました。
b0016922_017647.jpg


他にも写真を撮りましたが、
b0016922_0164622.jpg



どうやらモモゾーにはフラッシュの光は、ちょっとキツかったようです。
b0016922_0171034.jpg

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-31 00:24 | Others

デジカメを新調しました。

今度の週末から2週続けて結婚式・披露宴があり、携帯電話についているデジカメで代用もできるのでしょうけど、

① 起動時間が長い
② 画素数が少ない
③ フラッシュ等機能が弱い
④ シャッター音を消せない
以上の4つがどうしても譲れなくて(特に④)、思い切ってデジカメを買いました。

自宅のPCがVAIOなので、メモリースティックで完全にソニーに囲い込まれています。
ソニー以外のデジカメは殆ど目に入らず、そんなに悩むことなく、Cyber-shot DSC-T7を購入しました。家電量販店で40,000円弱くらいが市場値のようです。

箱はこんな感じで、
b0016922_23542248.jpg










外観は、名前のとおり、サイバーな感じ(?)がします。
b0016922_23543628.jpg










裏面です。
b0016922_23545338.jpg










そして、何より驚いたのが、その薄さです。
b0016922_2355926.jpg

最薄部で9.8㍉。
家のカギと較べてみたのですが、薄さが伝わるでしょうか。

このデジカメのキーデバイスは、おそらく自社(ソニー)製ではないのでしょうけど、この実装技術は大したものですね。


ソニー製品に魅力が無くなったと言われて久しいですが、また僕らを魅了する製品を世に送り出して欲しいものです。

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-30 23:59 | Others

b0016922_1323870.jpg生後8ヶ月を過ぎ、体重も17㌔を超えたモモゾーにフリスビーをさせてみることにしました。

ボーダーコリーといえば、日本では牧羊犬よりもフリスビー犬としてのイメージが強いんじゃないでしょうか。
フリスビーの他でも、その運動能力の高さからアジリティでも大活躍していますね。

b0016922_1344216.jpg百蔵もボーダーコリーの端くれなので、いきなりは無理にしても(ってか、どんな犬でもいきなりは無理)、ゆくゆくは公園や河川敷なんかでカッコよくフリスビーをキャッチしてもらいたいものです。

b0016922_1333360.jpgそんな飼い主の勝手な野望を押し付けられた百蔵は、気の毒といえば気の毒なのですが、元来作業意欲の高い犬種なので、人間と一緒に仕事をする素養はあるはず。

今まで半年一緒に暮らして、そんな素振りは一度も見せなかったのですが、ここはフリスビーでモモゾーのDNAを開花させてみたいと思います。

これら(↑→)の写真は、間違っても百蔵ではないのですが、信じられないことに、同じ犬種のボーダーコリーです。訓練次第でこんなことができるのですから、ボーダーコリーってすごいです。
ご飯食べて、散歩して、トイレして、寝るだけじゃないんですね(モモゾーはこれしかできません)。
まぁ、ここまでやらなくてもいいので、投げたフリスビーを空中でキャッチ(咥える)して、ちゃんと飼い主のところにまでもってきて、飼い主に渡す、これが当面の目標です。


というわけで、まずはフリスビー(“通”は『ディスク』と呼ぶらしいです)を用意します。

b0016922_13171560.jpg
近所のスーパーのペット用品コーナーで1,000円くらいです。
いきなり公園で投げても取ってきてくれるはずもなく、まずは室内でおもちゃとして遊ばせ、ディスクに慣れさせます。
ディスクを『楽しいもの』と認識した(であろう)頃に、朝の散歩でデビューです。
近所の公園で、リードを外し(ホントは外してはいけない)、『おすわり』をさせ、おもむろにディスクを水平に放ちます。


とりゃっ!


お、モモゾー、ちゃんと追いかけてる。
でもトロい。
刺激がたりませんか、そうですか。
b0016922_13175062.jpg
一応走って追いかけたのですが、空中でキャッチできず。
まぁ、最初だから仕方がないか。
さぁ、ちゃんとディスクの落下地点まで行ったのだから、今度はそれを持ってきなさい。
b0016922_1319173.jpg
って、『おすわり』かよ。
違うから、百蔵。
さ、そのディスクを咥えて持って来なさい。
b0016922_1321546.jpg
ちがーう!
オマエだけ来てどうする!
ディスクを持ってきなさい!
って、この状態でディスクを持ってきてくれるはずもないので、飼い主が歩いてディスクを取りにいくと、
b0016922_13313257.jpg
最近やたら反抗的になってないか、モモゾーよ。
いいからディスクをよこしなさい。
b0016922_135621100.jpg
だ・か・らー。
そうじゃないって、百蔵。
齧るんじゃなくて、飼い主に返しなさいよ。


ということで、モモゾーのフリスビーデビューは、ものの見事に失敗に終わりました。
今日のモモゾーを見ていると、
とりあえずフリスビーはあきらめようか
とは思わずにはいられない飼い主でした。


まぁでも、最初からすべてが上手くいくわけもないし、壁は高く、先は長いかもしれないが、モモゾー、一緒に頑張ろうな。
b0016922_1404541.jpg
散々フリスビーを齧ってて、今度はそれですか。
ってか、ひとの話聞いてないだろ、オマエ。



モモゾー、おかげでディスクはこんなんになっちゃったじゃないか。
b0016922_1405287.jpg
もう新しいのを買わなきゃなのか…。

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-23 14:11 | Dog

突然納豆チャーハンが食べたくなったので、作ってみました。

レシピはこちらです。

で、そのレシピによると、

① たまごを小さい器に割り入れて、よく溶きほぐしておく。
② フライパンを強火で熱し、サラダ油かごま油(ちょっと多めに)をひく。
③ フライパンから煙がのぼってきたら、溶きたまごを流し入れ、木べらで軽く混ぜてすぐ火を止める。(半熟のスクランブルエッグみたいな感じになる)これを、たまごを溶いた器に入れておく(あとで使う)。
④ フライパンを再度熱し、サラダ油かごま油を入れる。
⑤ フライパンに納豆を入れて、その上にしょうが(チューブ入り)を適量のせ、納豆がほぐれるまで軽く炒める。
⑥ 納豆に油がなじんだら、ご飯を入れて1分ほど炒める。
⑦ ③のたまごをフライパンに戻し入れ、中華だしの素、塩こしょうを適量振り、さらに1分くらい炒める。
⑧ 仕上げに、しょうゆをフライパンの端から少々注ぎ入れる(フライパンを半周くらいぐるっと回る感じで)。
⑨ しょうゆをご飯全体にからませるようにして炒め、火を止める。
⑩ 小口切りのねぎがある時は、このあたりで入れる。
⑪ 白ごまがあれば、火を止めた後入れて軽く混ぜる。
⑫ のりは、ガスの火で軽くあぶってから手でもんで、皿に盛ったチャーハンにのせる。
⑬ 完成。
とのことなので、実際にやってみました。

で、できたのがこれ↓です。
b0016922_065134.jpg

見た目はまずまずです。
納豆のネバネバや独特のニオイも無く、炒めているときから明らかにご飯がパラパラに解れていくのがよくわかったほど、ご飯もパラパラで、イメージ通りの仕上り具合ですね。

ただ、僕の冷蔵庫の中身や、調味料等の品揃えの都合上、以下のように勝手にアレンジしました。

a) ①のたまごを溶く適当な小さい器が見あたらなかったので、水割り用の背の低い寸胴のグラスを使用。
b) ねぎや海苔や白ごまは買ってくるのが面倒無いので、⑩~⑫は省略。
c)  ごま油も買ってくるのが面倒無かったので、②と④では、オリーブオイルを使用
c) については結構躊躇というか、逡巡しました。
『納豆にオリーブオイル?どう考えても美味しそうにない』
他のレシピをみても、ごま油の使用を推奨するところばかり。

しかし、不幸なことに僕のキッチンにはオリーブオイルしかありません。



『どうする?』










えぇい!
使ってしまえ!





ということで、
オリーブオイルが、ごま油に代わって投入されました。



で、味はというと…















○| ̄|_




納豆チャーハンに、オリーブオイルは、

ダメ。ゼッタイ。
b0016922_0353824.jpg

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-20 00:37 | Cooking

b0016922_0364460.jpgちょっとタイミングを外しましたが、気にはなっていたので触れておきます。

まずは産経新聞のこの記事から。


小泉首相靖国参拝 「心の問題」決意貫く 中韓の干渉強く牽制

<前略>

昨年元日の参拝時、首相は記者団に悩ましい心境を吐露している。「心ならずも戦地で倒れた方々や、やむをえず戦場に行かれた方に哀悼の意を表明している」と説明してきたが、中国側は聞く耳を持たない。

一方で、首相サイドは昨年十一月のラオスとチリ、今年四月のインドネシアと過去三回開かれた日中首脳会談の前に「首相は時期は別として、靖国神社を参拝する。それでもいいなら会談を受ける」と非公式に打診していた。

それでも中国側が会談に応じたのは、表では国内向けに靖国参拝を批判はするが、裏では首相の靖国参拝をあきらめ、他の課題について協議する損得勘定をしていたためともいえる。

このため、中国が、歴史問題で日本に踏み絵を迫り、「日本より優位に立つための口実に過ぎない」(周辺)と首相が見切っていたフシがある。

首相は周囲に「靖国で譲れば日中関係が円滑にいくなんて考えるのは間違いだ。靖国の後は教科書、尖閣諸島、石油ガス田…と次々に押し込んでくる」と漏らしており、中国に強い警戒感を抱いている。

<中略>

衆院議員初当選から三十年以上にわたり、ほぼ毎年、靖国参拝を続けている首相。愛読書の一つは、特攻で散った学徒兵の遺稿集『ああ同期の桜』であり、国会で「特攻隊の青年たちの気持ちに比べれば、こんな(首相としての)苦労は何でもない」(十三年五月の参院予算委員会)と述べたこともある。

「本来、心の問題に他人が干渉すべきじゃない。ましてや外国政府が、日本人が日本人の戦没者に、あるいは世界の戦没者に哀悼の誠をささげるのを、いけないとか言う問題じゃない」

首相は十七日夕、記者団にこう言い切った。日本の内政問題である靖国参拝に干渉してくる中国や韓国を強く牽制(けんせい)したのだ。

<中略>

首相は最近、

「中国は、日本人の心の問題にまで

踏み込んだことを後悔するだろう」


と周囲に語っている。

平成17(2005)年10月18日[火]

ここまでハッキリ言った総理大臣なんて、過去にいなかったでしょう。
よく言ってくれた、と素直に思います。


自分の家(日本)の墓参り(靖国神社参拝)に、他人(中国・韓国 だ け )から文句を言われる筋合いなど、まったくありません。

ぶっちゃけ、ウザいです。


丁寧に言えば、こうでしょうか。


2005/10/18 (火) 09:15:28 これが「適切に判断」した結果なのか

<前略>

総理に公私の区別はないと言えども、個人の心の問題にまで外国政府が干渉するのは明らかに常軌を逸しています。
首相のマインドまで中国や韓国からコントロールされるような事態を日本国民は望んでいるのか、という議論に行き着くのですね。

いや細かな参拝の形式なぞ問題ではなく、参拝したか否かが重要なのだという意見もありましょうが、ならば今度は個人のマインドどころか行動までをも外から規制しようという話になります。
当然、わが国の首相には行動の自由が保障されているはずで、それをあっちに行ってはならないとかこっちに行けとか言われる筋合いではないと理解しています。
こう考えると、いかに理不尽なことで中韓は言いがかりをつけてきているのかよく判ると思いますが、それを真に受けて「彼らが嫌がってるから反対」という話こそ、国益にとって本当のマイナスではないでしょうか。
全ての公的性格を取り払った今回の参拝によって、この議論の理不尽さを明確にしたかったのが小泉氏の「適切な判断」だと思うのです。

  『泥酔論説委員の日経の読み方』より

小泉首相の、

「中国は、日本人の心の問題にまで

踏み込んだことを後悔するだろう」


というコメントのインパクトが非常に強いのですが、他のブログで見かけた文章と結びついたので、紹介しておきます。


本当の反戦

<前略>

戦争はしたくないものだ。当たり前だ。
でも、戦争は離婚と同じだ。誰だって初めから離婚を考えて結婚しないように、戦争を考えて外交する訳ではない。
だけど、相手のメッセージを無視したり、結婚生活より優先するものがあったり、あんまり自分が酷い振る舞いをしてたりすれば、自分の思惑と関係なく、離婚を告げられることがある。
戦争も同じ事だ。
だから、憲法9条は、カトリックの離婚の禁止規定と同じようなもので、現実には離婚が後を絶たないように空文化する。
それでも離婚を自分に禁ずるなら、相手はDVや浮気やたかりなどやり放題になるだろう。
結局、それは、自分の自己満足で相手をスポイルしているのである。
同じように、日本も韓国や北朝鮮、中国をそう言う意味でスポイルして、火薬庫に仕立て上げているのかもしれない。

<中略>

PS.日本人ではないアジアの人々へ

相手が何回も謝ってくれば、ある程度のところで許すというのが、日本人の慣習である。
ましてや、当人は許さなくても子孫まで許さないということはない。
もしある人が日本人に子々孫々にまで何回も謝罪を要求し、完全服従を要求した場合、それを日本人は戦いへの挑発ととるのである。
その人にとっては、真の謝罪とは完全に自分の言うことを受け入れることだと考えていたなら、そのうちに日本人は拳を固めて殴りかかる準備をしていることだろう。
日本の論理が大陸に通じなかったように、大陸の論理も日本には通用しない。それだけのことである。

  『悪魔のうたたね、天使の寝言』より



民主党の前原代表が、
『死んだ後も永久に責任を取り続けるべき』
と言っていますが、『とにかく与党(首相)のやることには何でも反対』という、民主党のたくさんあるどうしようもないところのひとつが、見事に表れています。
党首が代わっても、なんにも変わらないんですね。

『死後も責任を取り続けろ』って、一体どうやって?!


民主党は、もっと真面目に考えるように。

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-19 00:32 | Opinion

毎月恒例の、フィラリアの薬をもらうための計量です。

2月生まれのモモゾーは、生後8ヶ月に。


で、体重はというと、



17㌔でした。




もうとどまる事を知らないですね、百蔵の成長は。


牙もこんなに立派になりました。
ボルビックの1㍑のペットボトルに靴下を被せたおもちゃも、すぐにこんなぺしゃんこです。

b0016922_2350395.jpg

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-17 23:53 | Dog

b0016922_23295788.jpg今年の2月に鹿児島へ旅行に行ったときに散々世話になった前の会社の同期が、結婚することになりました。
前のエントリに引き続き、めでたい話が続きます。

ちょうど彼女(新婦)の実家に挨拶にいった帰りに東京に寄ってもらい、彼女とharimauさんも一緒に、青山でご飯をご一緒してもらいました。


馴れ初めなんかを聞いてみると、正式に(?)お付き合いするようになってからかなり日が浅くて、あまりに急な結婚話にびっくりしたのですが、彼らが知り合ったのが6年前で、6年間の友達より濃密な関係があって、でもなかなか成就しなくって、それでもその同期は頑張ってアタック(死語)し続けて、見事に『結果』を出したと。

さすが薩摩隼人。
見習べきうところが多いでつ。


その熱い気持ちを忘れずに、これから2人で幸せな家庭を築いていってほしいと思います。


お祝いの話が続きます。
11月5日(土)には、別の同期の結婚式・披露宴に出席するため大阪へ行く予定ですし、その翌週の週末にも結婚式の予定が入っています。

約1ヶ月の間に、結婚2件、婚約1件、出産1件と、僕の周りでは、幸せなことがたくさん起きているようですね。

みんなどんどん幸せになっていくなぁ…。




おめでたい気分とは逆に、僕のフトコロ具合はさみしくなる一方ですが、せっかくの彼らにとっての一生に一度のお祝いです。メ一杯お祝いしようと思います。


みんな、本当におめでとう!

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-17 23:34 | Wedding

ちょうど1年前に結婚式に出席したこの夫婦に、めでたく女の子が生まれました。


2005年10月13日9時38分に、2,930kgの新しいいのちがこの世に生を受けたのですが、母親となった学生時代からの友人には、旦那さんと力を合わせて、この新しいいのちを育んでいって欲しいと思います。


本当に、おめでとう!

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-17 22:52 | Others

やっと期末決算も終わり、ブログを更新できる余裕ができました。


長いこと頂きっぱなしだったコメントにも今からレスつけていきますので、『おせーよ』などと言わずに、これからもご贔屓にお願いいたします。

[PR]

by Gate_of_Tiger | 2005-10-17 22:06 | Others